産後の生理はいつから? 出血の量や再開の時期に決まりはあるのか?

sanngo seiri
妊娠が分かったときのパパの喜び様を見て、改めてママも喜びに浸るのではないでしょうか。
そして、おじいちゃんやおばあちゃんの喜びは、それに輪を架けたみたいに喜ばれることでしょう。

それで、出産を迎えるのですが、デリケートな女性の体です。
「生理は、いつから再開するのか」「それはどれくらいの量なのか」少し気がかりなところです。
そんな生理についてのお話をして行きます。

 

生理再開の個人差

生理の再開時期には、母乳の方とミルクの方との間に個人差があります。これは授乳する事が、排卵に影響を与えている事によって、違いが生じています。つまり、母乳を与えている間は、生理は起こりにくくなっているのです。

この時、母乳を分泌させるための「プロラクチン」というホルモンによって、排卵の機能がストップされ、授乳中は、原則として無排卵月経となっています。

だから、断乳や卒乳後に「プロラクチン」の働きが抑えられて、1~3か月後には、生理が再開するとお考え下さい。
一般的には、母乳だけの方が産後6~10か月で、ミルクだけの方が産後2~4か月で、混合の方は、1日の授乳回数の違いで、再開時期に個人差があります。

ただ、最近のママたちの栄養状態の良さから、早まる傾向にあるようですが、時期が異なるからと言って、心配する必要はありません。

 

生理の再開をしない方

産後に生理が再開しない理由で、最も多いのが、「ストレス」です。
産後は、ゆっくり体を休めて、子宮の回復を待つのが得策なのですが、慌ただしく始まる育児と家事、加えて睡眠不足や疲労の蓄積など、「ストレス」は、溜り易くなっています。

ここでは、パパにも育児を手伝って貰うことがいいでしょう。育児休暇や早めの帰宅をして貰える様に話し合い、ママとパパとの連携で、生理は再開し易くなり、家族3人を幸せにしてくれるに違いありません。

ただ、産後の初めての排卵時期に、夫婦の営みがあると、生理の再開がないまま妊娠をする事があります。

つまり、再開しないまま妊娠する事があるのです。生理の事で受診して、お医者様に、「おめでとうございます」と言われるというわけです。

しかし、産後2年以上過ぎても、生理の再開がない時は、何らかのトラブルがありますので、必ず病院を受診する様にして下さい。他の治療科へ回される様な病気の場合があります。

 

産後直後は生理でない出血

産後直後、量が多い出血があります。これは生理ではなく、「悪露」と言われる分泌物です。
この分泌物は、出産時に剥がれ落ちてきた子宮粘膜の分泌液や血液、胎盤組織の変性分解物で、産後直後ほど量が多く、その後徐々に減っていき、1か月ほどで黄色いオリモノの様な状態になって終わります。

しかし、1か月以上過ぎても続くようでしたら、子宮の回復が遅れて、感染症を招く恐れがありますので、すぐに、産婦人科医の受診をして下さい。

 

産後に生理の量は変化

出産を経た後に、生理の出血量が以前と比べて多くなったり、少なくなったりすることは、よくあることです。
妊娠、出産という大きな負担からのホルモンバランスの乱れが、生理の出血量の変化や、周期の乱れを生じさせます。
このホルモンバランスに影響を与えているのが、「ストレス」です。つまり、「ストレス」が産後にあると、生理の出血量の変化をもたらします。

また、妊娠や出産は身体的にも変化させて、「子宮の大きさ」が増し、出産前よりも出血量を多くする事があります。
出血量が多い時

体質が変化してしまい、ごくまれに、出血量が多いままの方がいらっしゃいますが、大抵は、子宮が元の状態まで回復しますので、数周期ぐらい様子をみて下さい。

この時、あまりにも出血量が多い場合は、子宮筋腫や内膜症などの病気によって、出血量が増えている時がありますので、貧血気味で不安に感じたら、産婦人科医の受診をして置くといいでしょう。

 

出血量が少ない時

出産後の最初の生理では、ときどき無排卵で、出血量が少なすぎる事があります。しかし、子宮の回復とともに、出血量も徐々に増えてきます。
ただ、排卵もあるのに、ホルモンバランスの変化によって、少なくなっている時があります。あまり心配は要らないと思いますが、病気が隠れていないか、不安な方は、産婦人科医を受診して頂くといいでしょう。

多い時でも少ない時でも、「排卵があるか、病気は隠れていないか」に注視して下さい。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ