産後のお腹ケア、ぽっこりお腹や黒いヒフ、お腹の張りの対処方法について

sangokea

産後の悩みは、太ってしまい元の身体に戻らないこともありますが、体型が変わってしまいぽっこりとお腹が出てしまったり、たるんでしまったりもします。

それに何だか黒ずんでもいるような…。
妊娠線などの黒ずみも、なんだか気になりますね。
綺麗なすっきりとしたお腹を取り戻すには、何をすればよいのでしょうか。
ぽっこリお腹とは

産後、すぐにお腹は元には戻りません。

子宮は収縮をゆっくりと繰り返しながら、小さく戻っていきます。
完全に元の状態に戻るのは、6~8週間と言われていますから、すぐに戻らなくても焦る必要はありません。

産後すぐから始められる「産後運動」には骨盤体操や腹筋体操があるそうです。
産婦人科で退院時にパンフレットなども出しているので、安心安全な方法でしょう。
ゆっくりとした簡単なものですから、習慣にしてしまえば安心ではあります。

腹式呼吸やエクササイズ、骨盤矯正、シェイプアップ、マッサージ、ウォーキングなど、たくさんの解決法があるのだとか。
ただ、これ等は産後すぐに始めるのは待ってください。

骨盤矯正ベルトなどを使用しても骨盤が戻るまでの6ヶ月は、急な運動は避けた方が無難です。

赤ちゃんも落ち着いてきて、育児にも少し余裕が出る6ヶ月過ぎから始めても間に合います。

最大で1年以内であれば体は戻りやすいので、慌てなくても大丈夫だとか。
でも骨盤のケアは、しっかりとして置く必要はありそうですが…。

ケアは骨盤だけではなく、内臓もしっかりと行う必要があります。

内臓脂肪や皮下脂肪が溜まってできたぽっこリお腹は、内臓をしっかり支えきれない筋肉不足から起こります。
姿勢が悪くなってしまい、下へと落ちてしまう内臓はぽっこりお腹の原因です。

お腹の筋肉を鍛えることが大切になってきますから、自分に合った運動を探してみましょう。
ネットには多くの「ぽっこりお腹の解消法」があげられています。

「矯正ベルトやガードルの使用」「エクササイズの勧め」「骨盤体操による引き締め」「運動や体操」「産後回復ヨガ」「産後のダイエット」などです。

たるみは戻る?

ぽっこりお腹以上に気になるのが、お腹のたるみです。
出産後のお腹にショックを受けたママは多いはず…。
皮が伸びきってシワシワ状態のお腹、なんとか元に戻したいのに、脂肪や筋肉と違って「伸びた皮を戻す」のは大変なようです。

骨盤の矯正は身体の要ですから、もちろん必要です。
さらに自宅で簡単にできるものがあります。
皮膚は特性として、身体にフィットする再生能力を備えています。
その再生能力を高めて助ける方法です。

まずは「伸びて気になる箇所を保湿する」ことです。
保湿することで、皮膚の新陳代謝を促し再生能力を高めるのです。
妊娠線予防クリームは保湿効果が高く、産後もお腹のたるみに利用できますから、持っている人は活用しましょう。
そして、このクリームを使用してのマッサージが有効です!
血行を促進させることで、肌の新陳代謝や細胞も活発化します。
別に「引き締め用ジェル」などを購入する必要は無く、使い慣れた保湿系のオールインワンゲルなどでも良いようですね。

運動系では、血行を良くするストレッチや、簡単な筋肉トレーニングも有効です。
腹筋で引き締めることでたるみ改善に働くようですが、体調をよく見ながら無理しないようにしましょう。

食事も大切になってきます。

皮膚の回復に効果がある「ビタミンB群」が、とても効果的だとか。
タンパク質の代謝をよくし、肌の再生能力を上げるビタミンB6は、主にレバーやかつお・まぐろなどの魚類に多く含まれています。

授乳中のサプリメントの利用は注意が必要ですが、「葉酸サプリ」などは授乳中でも摂取できるといわれています。

出産後、お腹は急激に縮んで生きますが、お腹の皮膚は戻るのに時間が掛ると覚悟してください。
でも少しずつ努力することで、肌の新陳代謝は働きますから、回復はします。
年齢などの個人差もありますが、気長に続けることをおすすめします。

お腹の黒ずみは心配ない?

出産の喜びが半減しそうなのが、お腹の黒ずみだそうです。
茶系の色素が濃くなってしまったような色で、へそを中心に広がるのだとか。
妊娠前のお腹とは別人のようになってしまい、悲観しているママも多いようです。

これも個人差がありそうですが、大体の人がびっくりするのだそうです。
妊娠中から色素の沈着は始まっていて、乳頭・脇・陰部・おへそ周り・Vゾーンなどのデリケートなところに、黒ずみは出やすいと言われています。

皮膚や粘膜が薄く弱い部分に集中するようで、乳頭の黒ずみは妊娠の兆候としてもよく知られていますね。

これは女性ホルモンの増加と関連していて、メラニン色素が増えるためだとか。
デリケートな部分だけに心配になってしまいますが、これも妊娠時に伴う変化ですから、あまり気にしないことです。

産後しばらくすると、ホルモンのバランスが変化して、黒ずみは自然に薄くなってきます。
大抵のママが体験していて、いつの間にか黒ずみが気にならなくなったと言っています。
ただ、妊娠線は人によっては薄く残る場合もある様子ですが…。

心配がなくても、入浴の際などに、妊娠中からこまめに手入れはした方が良いみたいです。
顔のお手入れと同様に、負担をかけない方法で「皮膚の代謝」を助けましょう。
強い刺激は避けて、刺激の少ない保湿系のクリームなどで、優しくケアしましょう。

普通のシミとは違って一過性のものですが、長い間消えない場合には、皮膚科に相談をしてみてくださいね。

対策

・新陳代謝を高める方法
顔の肌を保湿して綺麗にするターンオーバーと同様に、新陳代謝を高めて新しい皮膚の生成を高める方法です。
新陳代謝を促す保湿クリームなどがありますし、妊娠線を予防するクリームも 市販されています。

・温める
肌は温めることで、新陳代謝が活発になりますから、保湿クリームなどでのケアの後に、腹巻などで温めてみましょう。

・こすらない
ケアに夢中になってしまうと、古くなってポロポロ剥がれる肌を、つい剥がしたくなってしまいます。
キズつけることにもなりますから、優しいケアを心掛けて強くこすらないようにしてくださいね。

・ビタミンCの摂取

ビタミンCとEを含む食品をたくさん摂ることで、メラニンの生成の増加抑制になります。黒ずみ等の色素沈着を防ぐ働きがあるのです。

ビタミンCを多く含む食べ物には、「赤や黄のピーマン」「ゆず」「レモン」「海苔」「ワカメ」「キウイ」「柿」などがあります。

・ビタミンEの摂取

肌の代謝を助けてくれますし、アンチエイジングにもとても優れています。 毛細血管の流れをよくし、血流がよくなる為メラニン色素生成を抑制してくれます。

ビタミンEを多く含む食べ物は、
「アーモンド」「モロヘイヤ」「パセリ」「ほうれん草」「カボチャ」「梅」「アボカド」「うなぎ」などがあります。

ビタミンCとEを一緒に摂ることで、お互いの力を補い合ってとても心強い味方になってくれます。

おおらかに構えて神経質にならない

これ等の産後の数々を、優しい旦那様の中には「赤ちゃんを運んできてくれた勲章のようなもの」と慰めてくれる人もいるそうですが、綺麗な体をいつもキープしていたい女心は『産後の様々な状態』に傷ついているのでしょう。

ホルモンの働きでは抵抗は難しいのですから、体が落ち着くまでは少し我慢しましょうか。

可愛い赤ちゃんの世話と、大好きな旦那様の世話に夢中になっている間に、自然に問題は解消してしまうようです。

神経質になってギスギスした感情でいると、赤ちゃんにも旦那にも良い影響は与えられません。

毎日少しずつのケアでも、「結果オーライならば良し」としましょう。
時間が手間が掛っても、コツコツと続けましょう。
綺麗なママは、焦りからは生まれてきませんよ。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ