育児休業給付金をもらえる条件と申請の方法、期間とは?

育休中、やっぱり気になるのがお金のこと。育休中にもらえる代表的な手当のひとつが「育児休業給付金」。どのタイミングでどのくらいもらえるのか?育児休業給付金に関するあれこれをまとめました。産休中のママやこれから産休に入るママはもちろん、育休取得を考えているパパも必見です!

 

001a

 

育児休業と育児休業給付金について

育児休業(以下、育休)は、産後8週までの産後休暇(以下、産休)終了以降に取得できる休暇のことです。産休と大きく異なるのは、産休は出産を予定する働く女性なら誰でも取得できるのに対し、育休を取得するためにはいくつか条件があります。
  • 雇用保険に加入していること
  • 同一の雇用主に1年以上雇用されていること
  • 2年間のうちに1ヶ月に11日以上働いた日が1年以上あること
  • 休業中に職場から8割以上の給料をもらっていないこと
  • 育休終了後も雇用されている見込みがある者
  • 子供が2歳になる前々日まで雇用が継続する見込みがある者
また最も大きな違いとして、育休はママだけでなくパパも取得が可能な点が挙げられます。

育児休業給付金は、育休取得中のパパ・ママに対して加入している雇用保険から支給されます。

 

育休は最長でどのくらい取れる?保育園にはずれたらどうなるの?

育休の取得期間は通常1年間とされています。ただし、特別な理由がある場合は6ヶ月の延長が可能です。たとえば、復帰のタイミングで保育園に入れなかったなどの事情がある場合、申し出れば延長が可能です。最近はどこも認可保育園の待機児童が問題になっていますので、とても助かる制度ですよね。ちなみに、パパが取得する場合は女性のように産後休暇が取得できない代わりに、ママの出産翌日からの8週の期間も育休としての取得が可能です。

 

実際にどのくらいの手当がもらえるのか?

さて、気になるのが育休中にもらえる手当。休暇中は仕事ができない状態ですので、もらえるお金がどのくらいなのかもとても気になりますよね。

育休手当は二段階で構成されています。取得開始日から180日までは月給の67%が支給されます。それ以降は月給の50%です。例えば、月給25万円の場合は67%の16万7500円が育休手当となります。なお、ここから住民税や所得税なども差し引きされますのでご注意ください。

 申請手続きと支給のタイミング

育休の支給は、原則2ヶ月単位となっています。開始日から2ヶ月経過した時点で申請が必要です。雇用保険を通して支払われるため、多くの場合は会社側で申請してくれることが多いです。個人で行う場合は、ハローワークで手続きをする必要があります。所定の申請書のほか、賃金台帳や出勤簿、入金口座の通帳のコピー、母子手帳の写しなど必要な者がたくさんありますので事前に把握しておきましょう。

手当は、申請後すぐに支給されないケースが多く、特に初回の手当は育休取得開始から4ヶ月以上先になることもあります。手当をあてにして生活せずに、取得前におうちのマネー事情を整理しておくことをおすすめします。

 

6620420830fd692baaa709d6316af299

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

産前産後の身体や心の辛さでお悩みの方はママリュクスまでお越しください。

ママリュクス本店

http://mamaluxe1.com

ママリュクス全国版

http://mamaluxe.jp

mamaluxeを創造する日本こども未来協会のライン@登録はこちらから
友だち追加

 

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ