幼稚園バッグをおしゃれに決める!究極の手作りバッグの作成法

幼稚園や保育園に入園すると通園する際にバッグが必要になりますよね。園指定のバッグがある場合もありますが、中には「ママの手作りで」と言われる園も!今ドキのママ、裁縫が苦手な方やミシンを持ってない、使ったことない、という方も多いのでは?

安心してください!幼稚園バッグを簡単におしゃれに手作りする方法、大公開します!

 

 

list_head_sbag_01_2_01

【準備するもの】

30cm×40cmの大きさの手提げバッグの材料です。

・表生地(62cm×42cm)

・裏生地(62cm×42cm)

・持ち手テープ 35cm×2本

手作りバッグをオシャレにみせる最大のポイントはズバリ「生地選び」!可愛い生地を選んで作ってあげることができると、縫い目の失敗などは気にならないものです。裏生地に敢えて派手なカラーを選んであげるのもオシャレっぽくてオススメ!大人の持ち物でも「裏生地が可愛くてオシャレ」というアイテム、結構ありますよね。その感覚で選んじゃいましょう。表生地はキルティング素材がオススメです。手芸屋さんに子どもさんと一緒に買いにいって、可愛いものを選びましょう。

 

【作り方】

それでは作り方です。

①表生地の表側の両サイドに持ち手を借止めします。仮止めする位置は、中心から左右に向って6cmのあたり。縫い代内に縫いましょう。半分に折った時、仮止めした左右両方の持ち手が重なるようにしてください。

②表生地の上に裏生地を裏側に置きます。

③両端を縫います。どちらか片方の手持ちの間に返し口(縫わない部分)を作ります。この返し口が小さいとひっくり返す時に大変なので注意しましょう。

④縫った部分(縫い代分)を開き、アイロンをかけます。

⑤裏生地と表生地がそれぞれ半分になるように折り目をつけます。必ず、裏生地は裏生地、表生地は表生地とぴったり重なるようにしましょう。ずれてしまうとバッグの口もずれてしまいます。

⑥側面を縫います。

⑦返し口から生地をひっくり返します。表生地は糸切ばさみや針を使ってしっかり隅まで出します。裏生地は表生地の中に入れるので隅までしっかり出す必要はありません。

⑧裏生地を表生地の中に入れます。

⑨最後にバッグの口をぐるっと一周ステッチして出来上がり!

 

【お裁縫が超苦手!なママへの裏ワザ】

簡単に作れる、と言われてもお裁縫が苦手なママは頭が痛いもの。ミシンはもちろん、針や糸を使うことに抵抗がある方も少なくないかもしれませんね!今はそんなママ向けの裏ワザグッズもあるのです。

「接着剤ボンド 裁ほう上手」

テレビでも何度も紹介されているコニシのボンドの「裁ほう上手」。そう!接着剤なのです。

キャッチフレーズは「ミシンがなくてもかばんが作れる接着剤」!これは裁縫嫌いなママの救世主かもしれませんね。洗濯はもちろん、ドライクリーニング対応もOK、バッグ以外にも体操服や巾着袋などにも使えるそうですよ!メーカーのWEBサイトに手作りレシピも掲載されているので、裁縫苦手ママは要チェックです。

 

 

いかがでしたか?

幼稚園バッグの手作りは、ママにとって関門のひとつ。裁縫が好きなママは楽しく乗り切って!苦手なママもこの時代、便利グッズが出ていますので、上手に利用してオシャレなバッグを手作りしてあげましょう。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ