妊娠中期のお腹の張り、腹痛、頭痛、おりもの、眠気の理由とは?

マタニティライフに慣れ始めた妊娠中期。少しずつお腹が張ってきて、赤ちゃんがいることを実感できる人も多いのではないでしょうか。一方で、この時期はさまざまな体調不良の症状に悩まされる人も少なくありません。妊娠中期特有の症状と原因についてまとめました。

 

200904231602000

200904231602000


お腹の張りによる食欲不振

妊娠28週を過ぎた頃から子宮がどんどん大きくなり、お腹の張りを感じる人が多くなります。見た目にもでっぱっているのがわかるほど。この時期に感じる張りのほとんどは、大きくなった子宮が胃を圧迫していることによるものと言われています。

実際に、この時期からなんとなく寝苦しくなったり食事を一度にたくさん食べられなくなったりする妊婦さんが多いようです。

 

血行不良が引き起こす頭痛やめまい

徐々に体重が増えてきたことによって体内の血流が停滞しやすくなります。そのため、それまでは頭痛持ちじゃなかった人でも夕方からの偏頭痛に悩まされたりすることがあります。また、寝起きにめまいを感じたりなども。それまでと違う身体の変化に、筋肉への負担や血行不良を引き起こすことが原因です。お風呂でマッサージをしたり、寝る前のストレッチなどでなるべく体内循環をよくしましょう。

 

おりものの急激な増加・・・病気じゃない?

よくこの時期の妊婦さんから「おりものが急激に増えたが、何か病気か」という悩み相談があるそうです。これは妊娠特有のホルモンの影響と言われており、通常よりおりものが増えます。白くさらっとしたおりものであれば問題ありませんが、それ以外に粘り気がある、粉チーズのようなおりものが確認できた場合は念のため病院で相談しましょう。

 

眠気やだるさで1日つらい。その原因は?

妊娠中にほとんどの妊婦さんが感じる「異様な眠気」。これはつわり症状の一種と言われていて、原因はプロゲステロンというホルモンです。妊娠してから分娩まで体内で増加し続けるホルモンで、これらが分泌されることで眠気やだるさを感じるようになります。対処法は眠るのが一番ですが、仕事中や外出中など眠れない状況の場合は軽く身体を動かしたりガムを噛むなどでやりすごしましょう。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ