産後の抜け毛で悩まない!?ピークとその対策とは

出産後、抜け毛で悩むママの話をよく聞きます。抜け毛だけではなく、髪の毛がパサついたり、つやがなくなったり、うねりやくせが出てきたり…。中には前髪が薄くなってしまって、帽子でごまかしている、という人も!?今回は、悩みの種の産後の抜け毛について、詳しく解説します。

images (3)

 

【産後の抜け毛について】

出産後に起こる抜け毛をはじめとした頭髪のトラブルは、医学的に「分娩後脱毛症」と呼ばれています。原因は、ホルモンバランスの変化によるものです。髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して成長していくのですが、この活動を支える要素のひとつが女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」です。エストロゲンの分泌が低下すると髪の毛が細くなったり、乾燥したり、抜けたりしていきます。妊娠中、エストロゲンは盛んに分泌されますが、分娩を機に激減してしまうため、抜け毛が増えてしまうのです。

ただし、妊娠中はエストロゲンが盛んに分泌されているため、抜け毛が非常に少ない状態にあります。普段から髪の毛は自然に抜けますし、洗髪の際等には毎日一定の量の髪の毛が抜けているはずです。妊娠中はこの抜け毛が極端に少なくなるのですが、出産後、妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜けるため、抜け毛が多いように感じてしまう、という側面もあります。また、この時期には新しい毛が成長するのに時間がかかるため、一時的に薄毛になりやすい、という事態になるのです。

 

【産後の抜け毛のピーク】

抜け毛の多くは、産後数か月が特に目立ちますが、1年から1年半ほどで落ち着くことがほとんどです。ただし、多忙な育児生活の中でのストレスや疲労、食事の偏りなどが原因でホルモンバランスが乱れている場合や、栄養が充分でない場合は、髪の毛の状態が元に戻りにくいケースもあるため、注意が必要です。

 

【産後の抜け毛の対策】

産後の抜け毛の対策には、正しいシャンプーによる頭皮ケアと食事ケアがおすすめです。

<正しいシャンプーのしかた>

頭皮も肌の一部、ケアをすることによって抜け毛の対策にも繋がります。ポイントは、シャンプー前にしっかりブラッシングをしておくこと。ブラッシングをすることによって、シャンプー前に汚れを浮かせることができ、シャンプーの効果を向上させることができます。シャンプー前には頭皮をお湯に浸す感覚でたっぷりのお湯を使って汚れを洗い流しておきましょう。こうすることにより、シャンプーが髪の毛全体に行きわたりやすくなります。

シャンプーは頭皮を清潔に保つために行うもの。シャンプーをしっかり泡立て、指の腹で洗いましょう。リンスやトリートメントはしっかりとすすぐようにします。

シャンプー後のケアもとても大切。髪の毛が濡れた状態だと雑菌が繁殖しやすく、髪の毛の水分も失われやすくなります。赤ちゃんのお世話で大変なママですが、時間がなくてもドライヤーでしっかりと乾かすことは必須です。タオルドライによってドライヤー時間の短縮と熱によるダメージも軽減されますよ。

<食事ケア>

頭皮も皮膚の一部、身体によいものは髪の毛にも良く、抜け毛対策となります。栄養バランスが良い食事の例としてよく挙げられる「まごはやさしい」の食材、「まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ(キノコ類)、いも」は、髪の毛をつくるタンパク質、ミネラル、ビタミンB群などが含まれており、抜け毛対策にも有効です。意識して献立に取り入れてみましょう。

また、水分不足は代謝が悪くなるため髪の毛の育成にもよくありません。甘いジュース等は避け、水、お茶などでこまめに水分摂取をするよう心がけましょう。

 

いかがでしたか?

産後、多くの方が気にしている抜け毛。気にしすぎることもストレスになるので髪の毛には良くありません。「妊娠中に抜けなかった分が抜けているだけ」と気軽に考えるのも対策のひとつです。毎日のケアをすることによって、多くの方は自然に元に戻りますので、安心してくださいね。

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ