妊娠検査薬はいつから可能?おすすめの検査薬について

妊娠にはさまざまな初期症状があります。気がつかないほど軽いものもあれば、なんかいつもと違う体調にピンとくる方も。「もしかして妊娠したかも?」と思ったときに、いち早く検査できるのが市販の妊娠検査薬。いつから使えるのか、妊娠していたらどのような反応が出るのかをご説明します。

19057

妊娠にはさまざまな初期症状があり

ます。気がつかないほど軽いものもあれば、なんかいつもと違う体調にピンとくる方も。「もしかして妊娠したかも?」と思ったときに、いち早く検査できるのが市販の妊娠検査薬。いつから使えるのか、妊娠していたらどのような反応が出るのかをご説明します。

 

500x0_533ec5a4-bc80-4741-8415-24d70a0100b9.jpg

妊娠検査薬って何?どうやって妊娠と判定するの?

妊娠検査薬は、妊娠中に分泌されるホルモンを尿中から検出する試薬です。女性の体は、体内で妊娠が成立すると黄体ホルモンの分泌を継続させるためにhCGというホルモンを分泌します。適切に検査薬を使用すれば、99%の確率で妊娠判定が可能です。

一般的なドラッグストアで簡単に手に入れることができるので「妊娠かな?」と思ったときに、まずは病院に行く前に自分で検査をする人が多いようです。

 

妊娠検査薬はいつから使える?陽性反応って?

妊娠検査薬はいつでも使用できるわけではありません。妊娠成立直後はホルモンの分泌が弱く、試薬が反応しない場合があります。通常、hCGホルモンは排卵後10日前後のタイミングで濃度が上昇しはじめます。多くの検査薬に設定されているホルモンの基準値は「50mIU/mL」とされており、排卵14日後にはその基準値に達します。しっかり判定するためにも、生理予定日の1週間後を目安に検査することをお勧めします。

判定結果の判別は、検査後しばらくすると検査薬の判別枠に現れる線で判定をすることが多いです。陽性の場合はカラーの線が浮かび上がります。ホルモンの分泌が強いほどはっきり浮かび上がり、妊娠していることがわかります。陰性の場合、カラーの線は現れず検査前と同じ状態となります。※検査薬によって異なる

ホルモン分泌が弱くわかりづらい場合は、日をおいて2回検査すると良いでしょう。

 

初心者必見!おすすめの市販検査薬

最近では多くの種類の検査薬がドラッグストアに並んでいます。どれを選んでいいかわからない、初めて使う方のためにそれぞれの特徴をまとめました。

 
  • ドゥーテスト(ロート製薬)

多くのドラッグストアで扱われている商品です。判定線のほかに、正しく検査ができたかどうかのコントロールラインもあるため初心者の方におすすめです。

 
  • クリアブルー(オムロンヘルスケア)

50カ国で販売されており世界シェアNo.1の製品です。hCGの量が少なくても判定されるという口コミがあり、検査可能期間よりも前のフライング検査でも陽性反応が確認されたようです。

 
  • チェックワン(アラクス)

多くの検査薬が、検査後しばらくすると判定線が消えてしまうのですがこの製品は判定線が残ると言われています。仕事から帰宅した旦那さんと喜びを分かち合うことができるので人気です。

 

妊娠検査薬は手軽に利用できますが、あくまで市販薬です。お腹の赤ちゃんの正しい状態を知るためにも必ず産婦人科を受診しましょう。その際に、市販薬で検査をしたことを伝えるとスムーズです。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ