骨盤底筋体操は子宮脱に効果的!正しいスクワットの行い方

産後ダイエットの方法はさまざまですが、特に骨盤周りのトレーニングはとても大切!開いてしまった骨盤や子宮脱で悩むママにもおすすめです。正しいやり方を覚え、ぜひ続けてみてくださいね。

 

Fotolia_45233489_S-min

 

骨盤を鍛えてお腹周りのトラブルをなくそう!

骨盤周りには、膀胱や子宮などの骨盤内の臓器を支えている「骨盤底筋群」という筋肉があります。これらは加齢とともに緩んでしまい年をとると様々なトラブルを引き起こします。代表的なものでは、尿漏れや子宮脱など女性特有の病気が挙げられます。特に子宮脱は、産後すぐなる人もいれば子育てがある程度落ち着いた段階で症状が現れる人もいます。特に近年は、環境が変化し便利なものが増えたので骨盤底筋を使うことが減り、若い女性のトラブルが増えているそうです。かかってしまってからでは遅い!日頃の意識で予防をしましょう。

 

定番のスクワットが効果絶大!正しいやり方とは?

骨盤トレーニングの定番といえばスクワット。学校などでも一度はやったことがあるのではないでしょうか?道具いらずで手軽にできる方法ですが、間違った姿勢で行ってしまうとかえって腰を痛める原因になったりします。速く回数を重ねるのではなく、姿勢に気を配りできる範囲の回数でじっくりこなしましょう。

 
  • やり方☆
1:足を肩幅に開き、肩や腕の力を抜く。つまさきはなるべく外側に向ける

2:45秒間かけてゆっくりと腰をなるべく下に下げていく

3:10〜15秒かけてもとの位置に戻る

4:つまさきをできるだけ内側に向ける

5:45秒かけて腰をゆっくりと下におろす

6:10-15秒かけて元の位置に戻す

7:つまさきをそのままに、上体をできるだけ前に倒して15秒キープする。

8:ゆっくり元に戻る

 

1〜8をじっくり行い、お尻周りに負荷を感じながら行うとより効果が得られます。注意点は、腰を下に落とすときに膝がつまさきの延長線より前に出ないことを意識することです。膝を曲げすぎると負担がかかりすぎ、かえって痛めてしまったり効果が薄れてしまいます。

 

トレーニングととらえるとつらくなってしまいますが、お気に入りの音楽に合わせて行うなどリラックス要素を取り入れると長続きしやすいです。今からトレーニングを重ね、トラブルなしを目指しましょう!

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ