インフルエンザ予防法。妊娠中の薬は胎児に影響?

冬から春にかけて毎年流行しているインフルエンザ。普通の風邪と違い、体内のウイルスによる急激な発症と悪化が特徴です。妊娠中は免疫力が低下しているため注意が必要です。自分でできる予防法を行い、この季節を乗り切りましょう。

5614b534af0ed9d42276f2cb_lg

 

 これってもしかして・・?インフルエンザの症状とは

インフルエンザと風邪の症状は、頭痛・発熱・鼻や喉の痛みなど非常に似ています。大きな違いは、症状がゆるやかに発症する風邪に対して、インフルエンザは急激に悪化し体調不良を引き起こします。「寒気がすると思ったら数時間後に39度の熱が出た・・」なんて場合はインフルエンザの可能性が高いです。全身の倦怠感や食欲不振など、一気に症状があらわれるため体力が急激に低下してしまいます。

 

混雑は避けて!妊娠中のインフルエンザ対策とは

妊娠中にインフルエンザに感染した場合、医師の判断のもと処方可能な薬もいくつかあります。でも、なんとなくお腹の赤ちゃんのことを考えると薬は飲みたくないですよね。感染を避けるためにも、普段以上に気を使って対策をする必要があります。

 
  • 必要なとき以外の外出は避けるようにしましょう
  • 人混みに行くときはマスクを着用しましょう
  • 外出後は手洗いとうがいを徹底しましょう
  • 栄養バランスの整った食事と十分な睡眠時間を確保しましょう
  • 加湿器などを使ってウイルスが室内で増殖しないようにしましょう
 

どれも普段から言われていることではありますが、免疫が低下している時期だからこそ意識をする必要があります。難しいかもしれませんが、なるべく外部との接触は避けるのが望ましいです。

 

もし感染した場合、薬は飲んでOK

インフルエンザの薬は一般的な風邪薬よりも強いものが多いです。必ず医師に妊娠していることを相談の上、処方してもらいましょう。妊婦は薬が飲めないと思われがちですが、インフルエンザの症状によく効くと言われている「タミフル」は妊娠中の服用でも安全性が確認されています。妊娠の経過や体調にも左右されますので、医師の判断のもと服用をしましょう。

 

普段はあまり紀にしないことも、妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響を一番に考える必要があります。まずは感染しないことが一番ですので、予防を心がけましょう!

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ