妊婦は温泉大丈夫?おすすめの温泉宿とは?

心身ともにリラックスできる温泉。妊娠中も入りたいですよね!よく、「妊婦は温泉に入ってはいけない」という言葉を耳にしますが、その理由をまとめてみました。最近は妊娠中でも入れる温泉施設が増えてきています。体に負担をかけないように配慮して、妊娠中も温泉を楽しみましょう♪

 

56406

 

なぜ妊婦は温泉に入ってはいけないと言われるの?

昔から「妊婦は温泉に入ってはいけない」と言われ、もともと温泉法でも2014年までは「入浴を避けるべき者」の項目に妊婦が記載されていましたがこれには理由がありました。妊娠中は体調が不安定なため温泉でのぼせてしまったり貧血になってしまう可能性が普段よりも高くなります。また、温泉内での転倒事故など万が一の事があった場合を考慮して施設側が「妊婦NG」としているところが少なくないようです。

でも、最近では妊婦さんのために配慮をした施設やマタニティプランを設けた温泉宿もあります。決して、温泉が妊娠中の体に悪影響を与えるわけではありませんので、安心してください。

 

妊娠中の入浴の注意点

妊娠中の温泉入浴が問題ないとはいえ、やはり普段よりもデリケートな状態ですので気をつける必要はあります。

 
  • 泉質による刺激で肌荒れ

普段は大丈夫でも、妊娠中のデリケートな肌に泉質の天然成分が刺激となり肌荒れを起こすことがまれにあります。なるべく刺激の少ない温泉を選ぶようにしましょう

 
  • 長湯をしすぎない

気持ちが良いとついつい長い間つかってしまいがちですが、貧血やのぼせの原因となります。転倒のリスクも高まりますので、連続でつかるのは長くても10分程度にしましょう。

 
  • 空腹時の入浴を避け、水分補給をする

空腹の状態で入浴をすると貧血を起こしやすいと言われています。とはいえ、食事前に入浴することも多いと思います。そんなときは、お菓子などを軽くつまみ水分を十分に摂ってから入浴するようにしましょう。入浴前後にコップ1杯の水を飲むとデトックスにも良いのでおすすめです。

 

  妊婦さん歓迎!エリア別おすすめ温泉宿

妊娠中でも入れる温泉が増えてきている中、マタニティ専用のプランを用意している温泉も少なくありません!せっかくですので、思い切り楽しめる最適なプランを見つけましょう。

 

original

 

箱根湯本:あうら橘

露天風呂付き客室で気兼ねなく温泉を楽しむことができます。マタニティプランでは、お腹の赤ちゃんと一緒に記念撮影をしてフレームつきでプレゼントしてくれます。また、妊娠線ケアクリームのプレゼントや、ノンカフェインドリンクが充実していたりと過ごしやすい旅館です。

 

東伊豆:吉祥CAREN

海を臨むことができる温泉が魅力的。抱きまくらやノンカフェインドリンクの準備など、マタニティにうれしい設備が人気です。また、産後半年以内に訪問すると「お食い初め膳」のプレゼントも♪

 

蓼科:蓼科温泉ホテル親湯

マタニティプランがメディアに掲載されたりと、人気のホテルです。妊娠中に避けるべき食品などは事前に相談し、個別に対応してくれるホスピタリティ。貸切露天風呂も無料で使うことができるので、人目を気にせずに楽しめちゃいます。

 

伊東:伊東ホテル聚楽

栄養バランスに配慮したマタニティプランのお食事メニューや、リラックスを重視した人気ブランドのコスメのアメニティなどマタニティプランならではの特典がたくさんあります。お子様連れも歓迎のホテルなので、産後も思い出の場所に訪れることができるのはうれしいですよね。

 

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ