「妊娠中」の記事一覧(2 / 2ページ)

子宮筋腫の症状や原因、治療方法について。妊娠に影響はあるの?

女性に多い病気のひとつ「子宮筋腫」。なんと、40歳の女性では4人に1人が子宮筋腫を持つともいわれています。妊娠を考えている方にとっても気になる病気ですよね。今回は、この子宮筋腫の症状や原因、治療方法等について詳しく解説します。

産前休暇の計算方法、いつからいつまでお金は貰えるの?

働く女性が妊娠した際、気になることのひとつは仕事をお休みしている間の生活費、ですよね。仕事をお休みする予定のママは、産休(産前休暇・産後休暇)制度の利用が可能ですので、ある程度の生活費の目安を立てることができます。まずは、制度についてしっかりとチェックしてみましょう。

究極のベビーシャワー!ケーキやメッセージで劇的なサプライズを!

赤ちゃんが無事に誕生し健やかに成長することを願い、妊婦さんと親しい友人や家族で行うパーティー「ベビーシャワー」。最近は日本の若い女性の間で人気のイベントとなりつつあります。お部屋を可愛く飾り付けして美味しいものを食べながらHappyな気持ちを共有し合うとても素敵なイベントを盛り上げる工夫の仕方をご紹介します。

マタニティマークの配布はいつから?ディズニーなどの種類について

妊娠していることを周囲の人に知ってもらう「マタニティマーク」。特に、まだお腹のふくらみが目立たない妊娠初期は、体調が不安定な方も多く、電車等公共の交通機関では周囲の人に気遣ってもらえるととてもありがたいもの。近年、賛否両輪はありますが、マタニティマークの配布は妊婦さんにとってとても良いシステムです。では、実際にマタニティマークはいつからもらえるのでしょうか?ディズニーなど種類についても解説します。

つわりはいつまで続くの?みんなの体験した症状と軽減方法を紹介します!

妊娠初期のお悩みといえば「つわり」。つわりはママになった証拠でもあり幸せなものと言われていますが、やはり辛いものは辛い・・・不思議なことに、人によってはつわりを全く感じない人もいれば、夜眠ることさえできない重たい人まで様々。「一体いつまで続くの?!」と思っている方に、よくあるつわりとその対策をお教えします。

妊娠中は何を食べたらいいの?不足しがちな栄養について!

つわりは済みましたか? 
吐き気など感じなくなったら食欲旺盛になり、赤ちゃんと二人分栄養補給しなければと、どんどん食べていませんか。
つわりの反動で、好きなものを好きなだけ食べることは、少しの間だけなら許されるでしょうが、大事な胎児の成長と合わせる食事が大切になってきます。

逆子による帝王切開の費用や決まる時期についての流れについて

よく耳にするのが、自然分娩で産みたいという声ですが、赤ちゃんは羊水の中で動き回っていますので、妊娠30週までは15~20%の赤ちゃんが逆子になります。
そして、最終的には5%程度しか逆子にならず、心配しなくても大半の赤ちゃんは、重くなった頭の方が下へ下へと動くのです。
たとえ帝王切開であっても、これはきちんとした分娩方法であり、何も心配することはありません。
さらに、費用の方も様々な制度や保険を利用して、あまり掛からない様にしましょう。

妊娠中の頭痛、腰痛、腹痛、頻尿の原因とは?

妊娠中には、体調の変化による様々な身体的苦痛が起こることがあります。
つわりを乗り越えて、ホッとしたのもつかの間、頻繁に起こる頭痛、胎児の成長に伴う腰痛や腹痛、さらに頻尿など、次々に妊婦は問題の連続に耐えなければなりません。
妊娠に伴う自然現象で、誰にでも起こることなのですから、赤ちゃん誕生までの通らなければならないプロセスと考えて、ひとつひとつを気にし過ぎないようにしましょう。

逆子の原因と治らない理由、妊娠35週後の帝王切開の確率は?

逆子の場合は帝王切開という選択の方が安全です。子宮口が開ききらない場合、経膣分娩だと出産途中で赤ちゃんの頭が引っかかったり胎内で具合が悪くなってしまうリスクがあります。逆子の赤ちゃんが帝王切開になるかどうかは、逆子の状態や成長具合、骨盤の形、産道の柔らかさなど様々な状況から総合判断されます。病院や医師の方針によっては、逆子の時点で必ず帝王切開という選択をする場合もありますので、かかりつけの医師にご自身の希望を伝え、話し合いが必要です。ママと赤ちゃんの安全を最優先し、ベストな出産方法を選択できるようにしましょう。

妊娠中の食事やサプリで気を付けること。 お酒の影響について。

妊娠してからの食事に気を配るのも、お母さんの大切な役目の一つです。パパとママの二人三脚で過ごされて、元気な赤ちゃんが授かるようにしましょう。
生肉・生卵・生魚は要注意!です。妊娠中は、加熱処理した料理を食べる様にすれば安心です。
過剰摂取は危険あり!昆布やワカメ、海苔などの海藻類、マグロ・カジキ・金目鯛・メバチ・クジラ・サメなどの大型魚、鉄分などたくさんの栄養素を含むレバーと鰻などの過剰摂取は避けましょう。アルコールは、母が口にした量が、そのまま胎児に届いてしまい、お母さんと赤ちゃんが、同じ様にお酒を嗜んでいる事になります。
お酒は、赤ちゃんにとっては、当然、有毒物質です。
サプリで栄養補給は慎重にしてください。過剰摂取は逆効果になることもあります。以上のことを注意しながら楽しんで妊活に励んでください。

妊娠中の出血やおりものの色や量でわかる流産の兆候とは?

おりものとは子宮頚管や腟を、酸性に保つように分泌される液体のことです。
菌の侵入を防ぐ必要から膣内を酸性に保つことで菌の侵入などを防いでいます。
正常な場合のおりものは、透明感のあって白っぽくサラサラしていますが、流産などを疑う出血もあり
普段の生活の中で、通常のおりものに注意をしておくことで、変化に気づくことができます。
その出血やおりものの色や量について書いています。

妊娠中のストレスは旦那?仕事?ストレスの軽減方法とは?

妊娠中は、ほぼ必ずストレスが貯まりますが、そのストレスはどこからくるのでしょうか?妊娠したことによる身体の変化や旦那との関わり、職場の人間関係など、その原因で一番に考えられるのは何なのでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ