七五三で悩まない!着物や髪形やご祈祷にかかる費用とは

s05_001_02

子どもさんがいらっしゃる家庭では、幼い頃「七五三」のお参りをしますよね。赤ちゃんがいるご家庭でも、将来の七五三を楽しみにしているママ、パパが多いかもしれません。でも、「そもそも七五三って何?いつやるものなの?」と思っているママもいるのではないでしょうか?今回は、七五三についての基本情報を解説します。

images

 

【七五三とは】

七五三とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う年中行事のひとつです。昔は、男の子は3歳と5歳に祝っていましたが、現在では男の子は5歳、女の子は3歳と7歳で祝うのが一般的となっています。昔は乳幼児が病気で亡くなることが多く、子どもが7歳になるまでに成長を祈る儀式が様々に行われていました。3歳では男女ともに髪を伸ばしはじめる「髪置き」の儀式を、5歳では男の子が初めて袴をつける「袴着」の儀式を、7歳では女の子が帯を初めて使う「帯解」の儀式が行われており、これが現在の七五三の由来となっています。

 

【七五三はいつやるの?】

七五三は主に11月15日に行われます。ただし、近年では曜日の関係や両親や親族の都合、天候等にあわせて10月中旬から11月前半の週末にお参り、お祝いをする家庭が多くなっています。11月15日や前後の週末は神社が込み合うため、注意してお参りの日程を決めるほうが良いでしょう。

 

【着物や髪型について】

最近では、七五三のお参りよりも、写真館での撮影に力を入れているご両親も多いようです。晴れ着姿の我が子の可愛い姿を残す機会としても絶好のチャンス!

3歳の女の子のお祝いでは、晴れ着の上に「被布」という袖なしの上着を重ねることが多いです。手元には着物の柄にあった巾着を持たせます。髪型に関しては、最近はかわいい髪飾りも増え、3歳でもアップスタイルや本格的な和髪アレンジをするお子さんもみられます。

5歳の男の子のお祝いでは、羽織袴が正式なスタイルです。最近では、スーツスタイルでキメている男の子も多いですよ。他にも用途があるため人生初スーツ購入、もおすすめです。

7歳の女の子のお祝いでは、振袖にきちんと帯を結びます。手にはハンドバックを持たせ、大人顔負けの装いになります。7歳になると、自分の好みもどんどん出てきている頃。着物や髪型について、ママと娘で色々と検討するのも楽しみですね。

 

【ママの服装について】

ママは和装、洋装、どちらでもOK。せっかくの機会なので華やかに着飾りたくなるママもいるかもしれませんが、七五三はあくまでも子どもが主役。ママ、パパは控え目できちんとした服装を心がけましょう。当日は、子どもの着付けやお世話がありますので、和装は普段から着慣れている方のみが無難です。そうでない方は、ワンピースやスーツ等で動きやすい服装のほうが良いかもしれません。入園式、入学式でも使えるのでこの機会にパパにおねだりして新調しておいても!?

いかがでしたか?

子どもの成長を祝う七五三のお祝い。せっかくの機会ですので、我が子の成長をご家族で賑やかにお参り、お祝いしてあげてくださいね。

 

子どもの成長を祝う七五三のお祝い。とても楽しみなイベントですが、親としてはかかる費用も気になるところ。最近では、写真館での撮影に力を入れる両親も増えていますが、皆さん、どれくらいの費用をかけているのでしょうか?

images (1)

【【七五三にかかる費用~着物~】

七五三のお祝いでは、子どもに和装の晴れ姿をさせることが一般的。衣装にかかるお金も気になるところですよね。七五三のお祝いの衣装は、レンタルサービスも多く、レンタルされる方と購入される方にわかれます。レンタルか、購入かで費用に差がでます。

レンタルの場合、5,000円前後から20,000円程度が相場です。着用する機会が少ないため、レンタル利用は賢い方法かもしれません。また、レンタルの場合は着付けもセットになっていることもあります。

購入の場合は、6,000円前後から60,000円台まで幅広く販売されています。高価なものは青天井ですが、レンタルと比べて際立って非常に高価、という訳でもありません。姉妹や従姉妹がいる場合などは購入して下の子に使ってもらう、というのもひとつの手かもしれませんね。

 

【七五三にかかる費用~写真代~】

最近の七五三では、お参りよりも撮影に力を入れているご両親が多くなっているようです。せっかくのお祝いの記念、可愛い姿をしっかりとプロに撮影してもらいたいものです。

写真館での撮影は、基本料金と衣装レンタル、着付けやヘアメイク、その他のオプション毎に料金が設定されているケースがほとんど。ついついオプションをつけてしまい、基本料金は数千円だったけど、結果として20,000円から30,000円かかった、とう話もよく聞きます。可愛い我が子の晴れ姿、プロが撮影すると枚数がほしくなったり、素敵な台紙をお願いしたくなったり…と、オプション料金がかかる仕様を選びたくなるものです。予算は少し高めに見積もっておいたほうが無難かもしれませんね。

 

【七五三にかかる費用~ご祈祷~】

神社での七五三の祈祷費用は5,000円~10,000円が一般的です。「初穂料」と呼ばれています。事前に確認して準備して行くようにしましょう。また、着物レンタルや撮影費用とセットで案内をしている業者もあります。

いかがでしたか?

七五三、せっかくのお祝いですから、しっかりリサーチをして我が子の晴れ姿を満喫したいもの。一定の費用がかかりますので、早目に調べて準備してあげましょう。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ