お宮参りの不安を徹底解消!服装や時期、写真にかかる費用とは

赤ちゃん誕生後、はじめての本格的な家族での外出となることが多い「お宮参り」。子育てに追われるママにとって、久しぶりにオシャレをする機会にもなります。では、赤ちゃん、そしてご両親のお宮参りの服装とは?ママの着物やワンピースの選び方についてもご紹介します。

ad44c8608e33744ebaad4857a58e4a98_520

【お宮参りとは】

赤ちゃんの誕生を神様に報告、感謝する儀式として主に神社にて行われています。誕生から1ヶ月前後でお参りすることが多く、両親と祖父母など、ご家族で行う家庭が多い行事です。

 

【お宮参りの赤ちゃんの服装】

赤ちゃんの服装は本来、男の子と女の子では異なります。男の子は、羽二重の紋付で鶴や鷹、虎などの絵柄が入った祝い着。色は、黒やブルー、グリーン、シルバーなどが一般的です。

女の子の祝い着は、桜、牡丹など伝統的な花をモチーフにした絵柄の友禅模様が人気です。色は赤やピンクなどが一般的です。

最近では、祝い着風のロンパースもたくさんの種類が出ており、新生児にも着せやすくなっています。また、男女とも、ベビードレスでお宮参りをするケースも増えています。

 

【お宮参りの両親の服装】

お宮参りはあくまでも赤ちゃんが主役。赤ちゃんが普段着なのに、ママやパパがしっかり正装、というのはアンバランスです。主役の赤ちゃんのスタイルにあわせて、ママとパパの服装を選びましょう。祖父母が一緒に行く場合も、なるべく服装の格を合わせておきたいものです。

赤ちゃんが正式な祝い着の場合は、ママも色留袖や訪問着でキメておきたいところ。ただし、産後約1ヶ月は体調もまだまだ回復途中ですし、母乳で育てている場合は、着物に染みてしまう心配もでてきます。和装にチャレンジする場合は、普段から着慣れていることと、しっかりと母乳対策をとることも大切です。

赤ちゃんがベビードレスなど略式の服装の場合は、ママもスーツやワンピースなどでOK。外出先で赤ちゃんのお世話を考えると、略式で統一するほうが安心かもしれませんね。パパは正式の場合も略式の場合もスーツが基本です。お祝いのお参りですから、ワイシャツやネクタイはそれらしい色、柄をチョイスして赤ちゃんとママに合わせましょう。

 

【ママの着物やワンピースの選び方】

お宮参りは赤ちゃん誕生の季節によって時期が異なるもの。着物やワンピースは季節にも合わせて色や柄を選びたいものです。

着物の場合は、色留袖か訪問着が一般的。着物は洋服以上に季節感が出るものですので、お宮参りの時期に合わせて色や柄を選びましょう。

スーツやワンピースの場合、パステルカラー等淡い色を選ぶのが一般的です。まだまだ授乳にも慣れていない時期なので、授乳対応のスタイルの洋服を選ぶのも一案です。赤ちゃんを抱っこして歩くことも想定して、足元はローヒールで安全に歩けるようにしておきましょう。

また、最近では、写真スタジオでの記念撮影も増え、お宮参りでは略式に、スタジオでの撮影は正式な服装をレンタルで、というご家庭も増えていますよ!

いかがでしたか?

赤ちゃんにとっては人生初イベントの「お宮参り」。親子で服装をコーディネートして素敵なお祝い記念日にしたいものですね。

 

 

待望の赤ちゃんが生まれたら、しばらくは赤ちゃんもママもお家で過ごすものですよね。最初の家族での初めての外出は「お宮参り」ということもしばしば。では、お宮参りの時期は一般的にいつ頃なのでしょうか?また、記念となる写真撮影についてもご紹介します。

14407069_T3

 

【お宮参りの時期】

一般的なお宮参りの時期は、男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされています。ただし、地域によって様々でもあります。生まれて1ヶ月前後の赤ちゃんはまだまだ免疫力も弱いもの。ママも産後の回復段階の途中の時期にあたります。お宮参りの時期にこだわりすぎず、赤ちゃんとママの体調や、お天気などで判断して、ご家族にとってベストな日程を選ぶべきでしょう。出生後の1ヶ月検診が終わった後の日程にするほうがより安心です。

 

【記念撮影、写真にかかる費用】

せっかくのお宮参り、写真スタジオで記念撮影を計画するご家族も多いことでしょう。写真スタジオでは、お宮参りの記念撮影プランを準備しているところがほとんどです。

お宮参り用の着物の無料レンタルサービスがあるスタジオも多く、中にはたくさんの衣装からいくつも選択できるサービスも!ママもウキウキしてしまいますね。

気になる費用ですが、写真スタジオでは、「撮影料」と「商品代金」がわかれているケースが多くなっています。ホームページや広告でまず目に飛び込んでくるのは「撮影料」である場合が多いため、実際の料金はもう少しかかる、と考えましょう。撮影料は3,000円前後が一般的ですが、中にはキャンペーンンなどで無料、と打ち出しているスタジオもあります。商品代金には、現像された写真代、フレームや台紙、アルバムの代金などが該当します。予算として、撮影料以外に10,000円~20,000円くらい考えておくと、選択肢が増えるでしょう。プロが撮影する写真の赤ちゃんの表情は普段自分たちで撮影するよりもより良い表情で仕上がってくるもの。ついついたくさんの写真が欲しくなってしまい、デラックスなアルバムを作りたくなります。こだわればこだわるほど、写真にかかるお金はかかりますので、少し注意が必要ですよ。

いかがでしたか?

赤ちゃんにとって人生はじめてのイベントである「お宮参り」。お誕生後のご家族の予定として、是非組み込んでみてくださいね。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ