チャイルドシートを徹底分析!中古VSレンタルについて

p1

可愛い赤ちゃんと何処かにお出掛けする事は、パパやママにとって、ちょっと嬉しく楽しい時間になるかもしれません。しかし、6歳まではチャイルドシートの着用が義務付けられています。

しかも、赤ちゃんは日に日に大きくなり、最初に買ったチャイルドシートでは間に合わない事もあるのではないでしょうか。

だから、赤ちゃんが快適にドライブを楽しむには、成長に合わせたものを使用してあげる方がいいと思います。

ものをしてあげる方がいいと思います。

チャイルドシートの種類

可愛い赤ちゃんと何処かにお出掛けする事は、パパやママにとって、ちょっと嬉しく楽しい時間になるかもしれません。しかし、6歳まではチャイルドシートの着用が義務付けられています。

しかも、赤ちゃんは日に日に大きくなり、最初に買った



(1)乳児用チャイルドシート(0歳~1歳)

チャイルドシートでは間に合わない事もあるのではないでしょうか。

だから、赤ちゃんが快適にドライブを楽しむには、成長に合わせたものを使

首の座らない赤ちゃんのために、寝かせた形にした物やリクライニングを深くした物があります。さらに、寝かせたままベビーカーに装着できるトラベルシステムを装備している物が多く、赤ちゃんを起こさずに移動できます。

(2)幼児用チャイルドシート(1歳~4歳前後)

一人で座れる様になった子供が前向きに座り、チャイルドシート本体に付いているハーネスで、子供の身体をフィットさせて固定できるタイプの物で、安全性が高いとされています。

(3)学童用チャイルドシート(4歳~10歳前後)

車のシートベルトの位置が合わない子供に、座面を上げて背もたれの位置も調節して、シートベルトが適切な位置に来る様にした物で、6歳以上の子でも、安全の面からシートベルトが合わない時は、使用すると安心です。

(4)乳児・幼児兼用チャイルドシート(0歳~4歳前後)

首の座らない間は、走行中でも首の動きを抑えた形になる後向きに使い、首が座った頃から反転できて前向きに使う物が多いです。ただ、座面が高く、重量感ある構造で、天井の低い車よりもミニバン以上の車向きでしょう。

(5)幼児・学童兼用チャイルドシート(1歳~10歳前後)

乳児期の間、車に乗せる事の少ないご家庭では、これ1台でもいいでしょう。

幼児期には5点ハーネスやインパクトシールドで身体を固定し、大きくなったら、ハーネスやシールドを取り除き、シートベルトを使います。

(6)乳児・幼児・学童兼用チャイルドシート(0歳~10歳前後)

10年近く、これ1台でチャイルドシートとして働いてくれますが、部品が多くサイズは大きめで、成長と共に要らなくなる部品も出て、劣化する物も出てくるので、経済面など諸事情と相談して選んでください。

中古、レンタル、新品の価格比較

チャイルドシートを新品で購入されている方々は、先ほどの6つのタイプを乗り継いでいらっしゃる方が多いようです。

その中の(1)の乳児用から(2)の幼児用へ乗り継いだとして、価格を比較してみましょう。

まず、乳児用を1年間使うのですが、中古と新品の場合は1年後、リサイクルショップへ下取りに出す事にし、レンタルは割引制度を使う事にします。つまり、いずれの場合も最も安くなる様にするのです。

すると、乳児用の1年後までの費用は、中古が8千円程度で、レンタルが1万8千円を少し超える程度、新品もレンタルよりやや安い1万8千円程度です。中古が金額的にはお得となります。

しかし、特筆すべきは、レンタルと新品がほぼ同額となっている事です。さらに、レンタルを中古よりも安く抑えるためには、せいぜい4か月までで、1年使ってコストを抑えたい方には、中古をお薦めします。

また、レンタルか、新品かと言えば、新品をお薦めします。つまり、レンタルは短い期間で、ご利用になられる時だけにお薦め出来ます。

次に、幼児用は、本来4歳頃まで使うのですが、価格比較のために1年間として、中古と新品の下取りは考えず、レンタルのみ割引をしてもらった金額で比較してみます。

すると、幼児用の1年後までの費用は、中古が1万2千円程度で、レンタルが2万5千円を下まわる程度、新品が2万5千円を超える程度です。

つまり、1歳から使用したとすれば、2歳半に満たない頃で、レンタルよりも新品の方が安くなることになります。

やはり、コストを抑えたい方には、中古をお薦めしますが、4歳までという長期にわたり使用しますから、新品購入をお考えになっても良いのではないでしょうか。

乳児から学童まで2台使用

車の利用状況や家族計画、経済的理由で、中古・レンタル・新品のどれにするかをお考えになると思いますが、もう一つ考慮に入れて頂きたいのが、乳児期から学童期までの間に、何台のチャイルドシートを使うのかです。

実際、この間に2台を乗り継いでいらっしゃる方が多い様です。1台目を乳児・幼児兼用にし、2台目を学童用にされています。

私のお薦め

私のお薦めしたいのは、1台目を乳児用にし、2台目を幼児・学童兼用にする方法です。

まず、安全性を考えると、乳児用の方が安全である事です。

さらに、限られた期間しか使わない場合も考えられますので、乳児用はレンタルにして、コストパフォーマンスを下げる事も出来ます。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ