チャイルドシートの人気ランキング10選! おすすめの選び方とは?

childseat

チャイルドシートでは、お子さんの快適性も考えて下さい。これは、安全性同様に、機能性やデザイン性、コストより大切です。

1歳まではスヤスヤと眠り、4歳までは車外の景色に目をやり、6歳の時には楽しく快いドライブにしてあげたいものです。

選ぶ時の注意点

チャイルドシートを選ぶ時、注意点があります。次の事をクリアしていれば安心でしょう。

1つ目は、車に適合したチャイルドシートを選ぶ事です。パパやママを含む乗せる可能性がある親戚、友人などの車も確認してください。

2つ目は、国土交通省の安全基準を満たす製品に与えられるEマークがある物を選びましょう。もう一つの自マークは、古い基準のものです。

3つ目は、取付け方が簡単で、しっかりと固定できる事です。そこでお薦めしたいのがISOFIX(アイソフィックス)という規格の物です。

これらは、固定する時にシートベルトを使わず、コネクターを差し込んで使い、シートの安定を強固にしました。

4つ目は、国土交通省と自動車事故対策機構が行う、前面衝突試験や使用性評価試験(チャイルドシートアセスメント)の評価や適合年齢などを確認して置く事も大切です。

人気のチャイルドシート10選

アップリカ フラディア (0歳~4歳向け)

生まれたばかりは、その眠りを妨げないためのベッド型に、首が座ったらシートを起こして、衝撃を受けづらい後向き椅子型に、その後成長したら、前向き椅子型にします。

この様に、赤ちゃんの成長と安全性を鑑みて、3段階に変化させていく3ステップ方式を採っています。

エールベベ クルット (0歳~4歳向け)

回転シートの機能を持つチャイルドシートで、赤ちゃんの乗せ降しが楽にできます。

また、一般の回転シートに見られるシートベルトが上を横切らずに、下で固定するので、回転操作性が良く、シートベルトが邪魔になる事がありません。

マキシコシ ペブル (0歳~1歳向け)

オランダのマキシコシのペブルは、日本より厳しい欧州安全基準規格に適合しています。

また、赤ちゃんを寝かせたまま車から、ベビーカーにドッキングさせる事が出来るので、起こさずに目的地でも赤ちゃんを移動できる優れ物と言える安心の1台です。

レーマー ベビーセーフ (0歳~1歳向け)

ドイツのレーマーは、チャイルドシートの専業メーカーとして、高速走行でも耐えうる高い安全性能のチャイルドシートを生産しています。

これは、前面衝突だけでなく、側面衝突においても高い保護機能を搭載しており、日本の安全基準はもちろんのこと、チャイルドシートアセスメントでは、「優」の評価を得ています。

コンビ マルゴット (0歳~7歳向け)

着用義務期間をカバーし、新生児から7歳ぐらいまでをこれ1台で賄う事が出来ます。そのため、成長に合わせてヘッドレストが13段階に調節でき、同時に肩ベルトが連動して調節出来る様になっています。

また、コンビ独自のエッグショックを搭載し、赤ちゃんの柔らかい頭を守る機能を合せ待っています。

エールベベ サラット3ステップ (1歳~11歳向け)

お子様を乗せてインパクトシールドで身体を覆い、その上から車のシートベルトを掛けるだけなので、15秒で着脱可能なチャイルドシートです。成長に合わせて、3段階にモードチェンジが出来ます。

他には、側面衝突に備えて頭を守る形状とクッションのヘッドレストを持ち、最適な位置に調節できます。また、リクライニングは車に合わせて行います。

マキシコシ トビ (1歳~4歳向け)

車載固定後、ワンタッチでリクライニングが調整できる事や、肩ベルトの位置やベルトの締め具合も簡単に調節出来きます。

また、安全性の面では、深めのシェルが頭部の側面衝突の衝撃を軽減してくれるヘッドサポート機能を搭載しています。

レーマー デュオプラス (1歳~4歳向け)

衝突時にチャイルドシートが前へ倒れ込むのを抑制し、車の座席との連結を強固にして、安全性を高める機能を搭載しています。

また、取付けもコネクターを車の座席金具に直接固定する方式を摂っていますが、取付け可能な車が限られるので、適合車の確認を必ずして下さい。

コンビ ジョイトリップ (1歳~11歳向け)

肩ベルトカバー内に取り外し可能なクッションを追加して、エッグショックを埋め込んだ大型ヘッドサポートと合わせて、頭の横倒れなどを防いで、お子様の首や頭をしっかり支えます。

また、シートにメッシュ素材を使い、汗を掻いても快適である様にエアースルークッションを使っています。

タカタ 312アイフィックス (3歳~12歳向け)

コネクターを車のシートのISOバーにロックすることで、子供がいない時でも全く動かない完全固定を実現し、サイドガードにより、側面衝突から頭・肩・腰を守るなど、安全性はヨーロッパ基準さえも満たしています。

 

西宮市・夙川・苦楽園・甲陽園・芦屋市・神戸市東灘区岡本の産後の骨盤調整・腰痛・頭痛・マタニティ整体・妊婦整体・産後ヨガ・マタニティヨガ・ベビーマッサージ・産後ダイエット専門といえばママリュクスにお越し下さい。

ホームページ

http://mamaluxe1.com/

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ