これで解決!産後骨盤矯正と、骨盤ベルトの効果について。

kotubannkyousei
出産後のママさんは、育児に家庭生活に大忙しの毎日を過ごさなければなりません。
体型の変化に気を配る余裕が出てくるのは、赤ちゃんの首がすわって、日々の生活状態が落ち着いた頃ではないでしょうか。

その時期になってから体型の変化に気づいた場合、大切と言われている「骨盤の矯正」はまだ間に合うのでしょうか。

 

矯正は早すぎても遅すぎても駄目

出産後は無事に生まれてきてくれたことに感謝し、また初めての育児で多忙ですから、体型の変化まではまだ気持ちが及ばないでしょう。

でもスタイルが気になる人は、出産後すぐに体型を元に戻そうとするかもしれません。

お腹・腰・尻・胸はふっくらと変化しますから、お腹や腰周りが気になります。お尻は大きくなって垂れた感じに、母乳なら胸は大きく張っているはずです。

要するに、豊かな母の体になっているのです。

分娩時に大きく開いて緩んだ骨盤は、産後の3~4ヶ月にかけて徐々に左右交互に縮みながら締まっていき、最大6ヶ月くらいまでに元の状態になるのが、自然な骨盤が元に戻る流れです。

出産後すぐの矯正は、骨盤の正常な戻る流れを阻害し、安定していない骨盤や靭帯、その他の臓器を痛める危険性があります。
産後の1ヶ月位は、出産の影響がいろいろと続きますから、無理な矯正はひかえましょう。

また遅すぎる矯正では、骨盤は閉じた状態に戻ってしまいますから、とても困難になってしまいます。

骨盤矯正の効果的な時期は、早すぎず遅すぎない「1ヶ月から6ヶ月」が良いです。

 

骨盤矯正体操とは

骨盤が広がってしまった状態から、正しい位置にきちんと戻すことができないと、骨盤を支えるために脂肪がまわりについてしまいます。
腰周りがふっくらする「産後太り」と呼ばれる原因です。

そして、そのままの状態が続くと、太りやすくなって全体的に肥満状態に進行してしまいます。
さらに、肩凝り、腰痛、冷え性などの体調不良や、次のお子さんの為の不妊症にも繋がってしまいます。

自然に骨盤が戻ってしまう6ヶ月の前に、1ヶ月を安静に過ごした後の2ヶ月くらいから、自宅で簡単に行うことができる体操を、少しずつ無理をせずに始めましょう。

産後の女性の骨盤の靭帯は、とても柔軟でしなやかですから、少なくとも4ヶ月までは、矯正がしやすい時期と言われています。

様々な矯正体操やスクワットなどがありますから、無理せず自分にできる程度のやさしい体操を探して、少しずつ始めてみましょう。
急激な運動や体操は、母体を傷つけ壊すことさえあります。

動きやすく、取り入れやすい自分にふさわしい運動を心がけましょう!

 

骨盤矯正ベルトの活用とは

骨盤がきちんとした位置に戻ったら、身体的には好調なはずです。
しかし、上手に正しく戻ることができなかった場合には、ボディラインの乱れが出てきます。

下半身太り、O脚やX脚、代謝の低下、産後太り、冷え性、姿勢が悪くなる、むくみ、肩凝りや腰痛、ボディラインの崩れ等々、様々な問題です。

矯正ベルトは、「骨盤ダイエット」「産後ダイエット」「腰痛対策」「ウエストスリム」「ヒップアップ」「脚の矯正」など、様々な種類が出揃っています。

中には男女兼用できるサポートグッズも多く出ているようですから、旦那と一緒に使用して、二人で健康な体を手に入れることもできます。

美容雑誌などでも人気の「骨盤ガードル」などを上手に活用することで、美しい下半身を作り出すことも可能なようです。
普通の家庭生活の中で、無理無く着用できるものを探してみましょう。

正しい姿勢を保つことで、基礎代謝はアップしますしむくみは解消、育児で疲れた身体の肩こりや腰痛も改善できるようです。

 

元の体より美しくなれるかも…

妊娠以前とは違ってしまった体型に、いち早く気づくのは旦那だそうです。
黙っていてくれるのが思いやりなのか、キチンと指摘して元の体型に戻すよう促すのが愛情なのかは、なんとも分かりません。
その指摘を感謝して受け入れられるのは、お互いが信頼し合っている証拠なのでしょう。

しかし、悲しく受け止めるママさんも少なくは無いはずです。
出産後は、愛情の大半は我が子に移ってしまうのが自然で、育児中は旦那は構ってもらえないのですから、半分は焼餅もあるかも知れません。

理想論では、愛情は赤ちゃんと旦那様と半分ずつではなく、両方ともにいっぱいにできて、2倍になっていることが望ましいでしょう。
赤ちゃんへの愛情と、旦那にへの愛情は、別々の形を取るはず。

しっかり綺麗な元の体になることも、旦那への愛情の現われと思います。
優しいママと素敵な奥さんはちゃんと両立できるはずですから、しばらくは頑張ってみてくださいね。

 

dakumama
出産が初めての人は、赤ちゃんさえ無事に誕生すれば、ママも元通りの体型に戻って何も変わらない、と思っている人も少なくありません。
実際に、妊娠出産の経験は女性を豊かに魅力的にしてくれます。
しかし、スタイル・体型などに様々な変化が出るのは、仕方のないことです。
努力なしでは、元の体型には戻り難いのだとか。
産後の体型の変化は、「運動不足・食事の多量摂取・骨盤のゆがみ」が三大原因と言われています。
元の素敵なスタイルを取り戻すために、簡単な骨盤矯正法と、骨盤矯正ベルトについて説明します。

 

矯正の効果と方法

骨盤が妊娠前の状態に戻るのは、自然の流れに任せた場合、3~4ヶ月から徐々に始まって大体6ヶ月くらいまでに終わるようです。
正しい位置に骨盤が戻ると、その周りの内臓も正常な位置におさまって機能しますから、栄養素の吸収も良くなり、母体の健康ばかりではなく母乳にも良い影響が出ます。
血行がよくなることで、基礎代謝がアップしますから、太り難い体にもなり、産後太りの解消と共に上手なダイエットにもつながります。
骨盤が正しい位置に戻るのが早ければ、これ等の様々なメリットを最大限に生かせることになります。

 

骨盤矯正の方法

妊娠時から行っているのなら、ヨガ等も続けたいものですね。
最近は「整体による産後整体」が、いいです。

特に、産前産後専門のmamaluxe(ママリュクス)と言う産後専門の整体院のグループがオススメです。

全国に展開して行っていますので店舗検索をしてみてはいかがでしょうか?
このようなプロの手を借りる方法も、産後1ヶ月経って1ヶ月健診が問題なく済んだら、体のメンテナンスとして始めた方が良いでしょう。
赤ちゃんを連れて通える所もあるようですから、調べて通える範囲なら考えてみるのも、一つの方法です。

運動が苦手な人や、時間のやりくりができない場合には、骨盤ベルトは続けやすくて頼もしいケアになります。
また、リフォームインナーも緩んでしまった体型を引き締める効果があるようです。
段階を踏んで、産後すぐ・1ヶ月後・2ヵ月後・その後と言うように、インナーの種類も揃っています。
必要にあわせて活用してみましょう。

 

骨盤矯正ベルトの正しいつけ方

最近では、「お産セット」の中にも入っている場合が多い骨盤矯正ベルトですが、出産後すぐに使用できるのが嬉しいですね。
ベルトを使用することで、骨盤は安定して血行が良くなります。
基礎代謝が上がりますから、産後の様々な痛みの改善や、下半身のぽっこり体型をすっきりと整えてくれ、健康になるそうです。
ただし、正しい巻き方には注意が必要ですから、間違えないようにしましょう。
腰に巻くのではなく、腰の下方・恥骨を中心にした「大転子・だいてんし」と言う部分に巻きます。
恥骨部分に掌が入るくらいの緩みがポイントで、しっかりきつく巻いては逆効果になってしまいます。
きつすぎることで血流が阻害され、腰痛やむくみの原因にもなります。
正座しても辛い感じが無いように緩めに巻きますが、体の動きによってはずれやすいので、正しい位置にきちんと巻かれているか、確認しながら上手に使いましょう。

 

選び方にも気をつけて

良い効果を獲られるためには、自分のサイズに合ったベルトを選ぶ必要があります。
メジャーで腰周りの大きい部分を、キチンと計りましょう。
ベルトに伸縮性があるもの、マジックテープで調節が効くもの等、体型の変化に対応しやすいものが良いでしょう。
身につけて違和感の無い素材や硬さも確認します。
しっかりと硬いベルトは、骨盤をきちんとサポートしてくれますが、動き難いという欠点があります。
反対に、柔らかいベルトはゆったりとソフトで動きやすいのですが、骨盤の矯正力が弱いという欠点もあります。
自分に最適な、過不足ないベルトを探してください。
試着できることが、重要かも知れませんね。

 

魅力的な女性になる

母としても女性としても、魅力的なことは大切なことです。
育児にかまけて、ヘアスタイルもメイクもファッションも、気にしない女性に変身していませんか。
1日中、だらしなくパジャマで過ごしたりしていませんか。
母乳での育児は、ミルク作りが無い分とても授乳が楽ですし、しかも栄養分が赤ちゃんに吸い取られるので、体重は減っていきます。
骨盤矯正の大切さはまだ知りませんでしたから、特別なことはしませんでしたし、一昔前の母親達は、特別な人を除いては皆自然体だったのです。
最近のママさんたちは、とても恵まれています。
可愛い赤ちゃんにも、優しい旦那様にも、さらに綺麗なスタイルも、望めば手に入るのです。
少しの頑張りで素敵な生活が望めるのですから、しっかり手に入れたいものですね。

 

 
    
サブコンテンツ

このページの先頭へ